法律相談の申し込み【悩みを素早く解決してくれちゃう】

記事リスト

第三者を交えた話し合いを

シャツに付いた口紅

円満な解決のために

現在、日本で夫婦が離婚する理由のトップは正確の不一致ですが、第二位は不倫による離婚です。不倫による離婚は慰謝料や親権について揉めることが多いです。最初は夫婦内で話し合い両者納得できたと思っても、後から検討すべき要素が増え、こじれてくることも多くあります。自分の配偶者が不倫をしていて慰謝料を請求するのであれば、確実な慰謝料請求を可能とするために、できるだけ速く弁護士に依頼することが推奨されます。自分だけで調停を進めることも可能ではありますが、調停は手間と時間がかかりとても疲労してしまいます。仕事をしていればさらに時間的余裕がなくなるでしょう。また、自分一人だけで不倫、離婚というストレスを抱え込むことで精神的にも負担が大きいです。第三者を挟んで相談できることによって、心を落ち着かせ冷静に離婚手続き、慰謝料請求の手続きが進められます。相手の不倫という確実な理由があるのであれば、慰謝料請求は基本的には可能です。親権、養育費についても基本的には自分に有利になるでしょう。しかし、それぞれの生活の安定性、職業、収入などによって慰謝料が減額されてしまう可能性、親権を奪われる可能性もあります。そのため、不倫が発覚したら証拠集めや入念な準備を行う必要があります。早急に弁護士に依頼することで、不倫発覚後どのような書類、証拠が必要か、どのような動きをしていくべきかアドバイス、サポートしてもらうことが可能となります。

Copyright© 2017 法律相談の申し込み【悩みを素早く解決してくれちゃう】 All Rights Reserved.